相性占いで、もっと相性を良くするポイント

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

あの人は私を好きになってくれますか?

あの人とつきあえるでしょうか?

彼とうまくやっていきたいんですが、うまくいきますか?

というやりとりや占いの依頼は多いです。

でも、このやり方だと自分でどうにか出来る事はほとんど無く、運任せになります。

一方で効果的な占いも有ります。

効果的な占いとは、相手に対しての向き合い方や、自分と相手との関係を明らかにし、どういう風に接すれば二人の関係を深められるかを知るものです。

相手が自分を好きなるかどうかより大切なこと

相手が自分を好きになることが大切に見えるものですが、自分が相手を好きならば、あとは相手に好きになって貰う方が長続きします。

それが難しいなら最初から良い関係を作りにくいですし、うまくいっても後々だめになりやすいです。(自分が相手を好きになる方が難しいからです)

運を開くのは、常に「自分から」です。

今がダメでも「時間」という魔法はすごい力を持っていて、ご縁があれば意外と繋がっていきます。

だから、勝手に諦めるのはすごくもったいないです。

結婚した相手に対する接し方でも同じですが、「相手を知る」「自分を知る」のは大切です。

相手を知ることが出来れば、しつこいのが嫌いな相手に対して、猛烈アタックはしないです。

ころころ気が変わる相手に、いちいち相手の言うことを真に受けることも少なくなります。

こういうことを知っておくだけでも、相手との関係が変わっていきます大分違ってきます。

合いやすい相性、合いにくい相性は確かにある

相性の合いやすさはありますが、ポイントは相性が良いかどうかではなく、あなたが合わせることの出来る相性かどうかです。

自分は寂しがり屋なのに、相手は自由が好きで束縛が嫌いな相手だとしたら、これは合わない相性です。

でも、相手がそういう性質を持っていることを踏まえた上で、それも含めて自分なりに充実した生活が出来るならば良いご縁です。

合わない相性は確かに難しい一面もあり、愛が冷めたら(好きじゃなくなったら)全部マイナスに変わってしまうこともあります。

だからこそ、自分はどこまで受け入れられるかが大事で、そのためには相手と自分の基本的な性質を客観的に知っておく必要があります。

好きだから好きっていうだけじゃなくて、お互いに良い関係、素敵な距離感を保つことで一生やっていける、そういう視点もあります。

相性占いを受けることがもしあれば、相手の性質と自分の性質を鑑定して貰って、その上であなたがどこまで出来そうか考えてみると良いです。

今はダメでも、時間が解決して結びつけてくれるご縁もたくさんありますので。