結婚したいけど出来ない人

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

30代以降の人には大事なことです。

それぞれの占い師には接している年代っていうのがあって、その年代の人の情報は入ってきやすいです。
私のお客様は30代中盤から40代後半ぐらいまで女性が圧倒的に多いです。

すると20代の人の情報は入ってこないので若い人が結婚したいと思っているかどうかは不明です。
一方で30代以降の人で「結婚したい!」と思っている人は、その気持ちが明確なので分かりやすいです。

ただし、出会いが無い、結婚したいけど条件が整わない、という感じで結婚出来ない人も多いです。
こういう時は求めている事を整理するところから始めると効果的です。

結婚をしたいのか、人を好きになりたいのか、どっちでしょう?

20代は両方っていう人もいると思いますが、30代40代になったらもっと明確にする必要があります。
明確に出来ないから結婚できていないわけですし。

なんでこんな面倒な話をするかというと、結婚する人は何回でも結婚出来るんです。
ところが結婚しない人は、いつまで経っても結婚しない。

結婚出来ないじゃなくて、本当は結婚しないんです。
もっといえば、結婚するだけの決断が出来ないって言っても良いです。

これじゃあ大変なのは当たり前ですし、結婚したいって言ったって出来るわけないです

今の日本は空気を読みすぎて、余程の人じゃ無い限り自分の欲求を前面に出さないです。
「あなたが好きだ!結婚しよう!今すぐしよう!」なんて男女ともに言わないです。

私のお客様の場合、特にそんな感じです(笑)
結婚なんて「結婚しよ~」って言うだけで良いのに、なんだかあれこれ理由を付けるんです。

それが自分の婚期を遅らせている大きな理由です。
そして、気がついたら40代、50代。
勿体ない!

ダメなら離婚すれば良いんです

「離婚なんてそんなに簡単じゃ無い!!!」っていう人は、世の中そんな風に出来てないよって言いたい(笑)
離婚届を出すかどうかが問題じゃ無くて、実質離婚状態ってかなり多いです。

形にこだわるからうまくいかない。
形にこだわるのはもちろん分かります。

分かるんだけど、それで良いの?っていつもお客様にはお伝えしています。
それで幸せならそれで良いと私も思うのですが、それが原因で結婚も出来ない人がいるし、同じように離婚も出来ない人がいる。

一方で、結婚が出来る人もいれば、離婚が出来る人もいるんです

基準なんてその時々でどんどん変わっていくけれど、自分自身が違う人になることなんてないです。
どんなに変わっても自分は自分。

変わっているのに変わらないわけです。
結婚したい人は、紹介して貰って、最初の人に決めちゃえば良いですし、相手からダメって言われたら、次の人に決めれば良いです。

「そんなので良いの?」ってなりそうだったら、「誰と結婚したって同じですから(笑)」って私は答えます。

本当は違います

違うけれど相手を選ぶ事が出来ないなら同じ事ですし、出来ないままで何十年も時が経ってる方が問題です。
結婚するっていう世界にとにかく飛び込んでしまえば世界が変わります。

「こんなもんか・・・」とか、「何も変わらないじゃん」とか、「やっぱり自分なんだな」とか、まあ、こんな感じ(笑)。
でも、1人で生きるのとはまた違った世界観があるのと、ダメなら離婚すれば良いというのがあります。

私が鑑定するお客様の多くは、自分で生きる力を持っている人が多いです。
こういう人は選択肢がたくさんあるので、結婚という選択をしてみてからまた考えてみれば良いです。

やろうかどうしようかということに時間を使うのでは無く、関心があるならさっさとやってみてから判断すれば良いだけです

結婚は全然一大イベントじゃ無いですが、一大イベントにすることも出来ます。
一大イベントにしたいなら、さっさと結婚することを決めてしまうことです。

そうすれば、巡り会った相手があなたの結婚相手って事に気がつくことが出来ます。
結婚したいと思わない人は結婚しなくて良いんです。

結婚だけが一緒に生きていく条件じゃないですし。
自分が何を求めているのかを明確にする努力を持てば、何を選択したら良いか見えてきます。

後はそれをやれば良いだけです。
結婚を大変なものにしているのは、自分ってことに気がつければ次に進めます。