相性占いを当てにいくなら、これだけを聞けば良い

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

相性占いで一番多いのは「あの人との相性はどうですか?良いですか?結婚出来ますか?」ですが、それじゃダメです。

なかには付き合うというか、気持ちを伝えるというか、そういう恋愛の前段の場合もあります。
でも、占って貰う上で必要な事は「どうなりますか?」ではなく、「どういう接し方・受け止め方がポイントになりますか?」です。

相性占いで合う合わないっていうのは、実は表面的なことしか鑑定していません。
表面的っていうのは、いわゆる一致部分と不一致部分しか見ていないって事。

でも、これだと「良いか悪いか」って話にしかならないです。
相性が合ってるよ、相性が合っていないよ、その程度で良い人は最初からその相手の人とのご縁はその程度のものです。

相性が良かったら付き合っても良いなぐらいのものだからです

でも、本当の相性占いって、合う合わないの前に「どうしたいですか?」っていう質問が「占い師から」出てきます。
本気になりたい!とか、結婚したい!とか、そういうのであれば、攻めるポイントを明らかにするのが相性占いです。

人間ですので完全一致、相性抜群であったとしても、あるいは相性最悪であたっとしても、二人に合わない部分、あるいは合う部分というのは必ずあります。

合わない部分はスルーして、合う部分を取り上げていくようにします。
誉めて育てるわけではありませんが、良いところを攻めていくことで、さらにお互いの関係が良くなっていきます。

好きという想いだけでは難しいのが大人の世界ですし、好きというだけでは動けないこともあります

このため「その人のどこを見たら良いか」ということと、「どのタイミングで動けば良いか」ということを知るのが相性占いです。
良い悪い、くっつくくっつかない、それだけの占いだと本当に必要な情報を得る前に、一喜一憂してしまうことになります。

それは勿体ない。
相性を知りたい時は自分が一歩を踏み出すための活力として占いを使う方が良いです。

もちろん、相性が悪いという占いになることだってあります。
それでも好きならどういう風に接していくか、それを教えてくれるのが相性占いです。

占い師に相性が悪いと言われてがっかりしている場合じゃ無いです。
相性は悪いところもあれば良いところもあるのですから、良いところから切り込んでいけば、また、状況が変わる可能性も高くなります。