出会いが無い、どうにかしたい

出会い・恋愛・結婚、そして夫婦円満を引き寄せる

出会いたいけど相手がいない、出会いが難しくなるのは、異性が「周り」にいないからです。

私は出会いを探して頑張っているお客様に伝えるようにしていることがあります。
「出会いが無い」って話になったら、「もう結婚は無理だよ」って。

10代20代前半ならチャンスはまだまだあります。
でも、30代40代50代ってなれば、チャンスは激減です。

誤解されそうですが、チャンスをつかむ事が出来る人は何度でも出会いますし、結婚されます。
お客様のお話を聞いていると1回離婚された人の再婚率は同じぐらいの年齢の方の初婚率と比べて、かなり高い感じが実感としてあります。

これはたぶん「だれと結婚したってそんなに変わらない」ってことを理解されているからだと(笑)。

どんな人にも良いところも悪いところもいくらでもあります

だから、1度結婚した人はこの辺のことがよく分かっているので、「良いな」を感じて、他のマイナス面を上回るなら一緒になる傾向にあります。
初婚はこういう風にはなかなかならないです。

だからこそ「出会いが無い」ってなると、もう無理かも知れないよって話になります。
ただし、出会いが無いといっても、婚活などで頑張っているケースもあります。

こういう場合でも出会いが無い(=良いと思える人がいない)というケースはいくらでもあります。
この時にどうするかです。

頑張っているのに「もう無理だ」って言われたら、悲しすぎます

こういう場合、大抵は「女性しかいない」「女性比率90%以上」っていう環境に身を置いていることが多いです。
男性の場合はその逆ということです。

この比率を逆転させることで運命を変えます。
男性しかいない、女性がいても男性比率90%以上のところに入っていくやり方です。

男性のスポーツなら男性比率が高いです。
釣りや登山などのアウトドアも男性比率が高そうです。

消防団や神輿(みこし)隊などなら男性の巣かもしれません(笑)
ちょっと異色ですが、男性が多くいる職場でアルバイトという手もあります。

メンズ服を取り扱っているところや、スーツ販売店なども良いですし、土方とか(笑)。
もうちょっとスマートにってなると、異業種交流会は男性が多いです。

私は異業種交流会に参加しないししたこともないので、教えて貰いました(横浜はこにわプレートの織路店長談)。
ジャンルにもよりますが、ビジネス系の異業種交流会は圧倒的に男性が多いそうです。

ただし、年齢も上で既婚者も多いので、そこで出会いを見つけるというよりも、そこで知り合った人に紹介をして貰えるような関係を作ることが効果的です。
参加目的が出会いってなるとだめですが、仕事の一環で人間関係の輪を広げることで出会うチャンスを増やします。

大切なことはとにかく男性9割の世界に入ることです

男性9割だとなぜか出会えるチャンスが増えます。
まあ、男性から見れば競争率9倍って事ですしね(笑)。

異業種交流じゃ無くても良いです、それこそ農業や林業、水産業だって男社会です。
農家を継ぐのは無理とか、林業に興味は無いとか、そういうことは重要では無いです。

今時、「農家は継がなくても良い」とか「自分のやることをやってくれて良い」っていう人はいます。
大切な事は先入観で相手を選ぶのではなく、それぞれの置かれている環境で「一番男性が多い場所」に入っていく機会を作ることです。

自分に自信が無い人でも、なかなかきっかけがつかめない人でも、向こうから来てくれます(笑)
出会いが無い人は、圧倒的な数の異性がいるところに行くことです。

圧倒的な数の異性の場所を探せば良いんだね!って思うことが出来ればチャンスが巡ってきます。
巡り会っていない人がきてくれるのを待つのでは無く、自分から行く、出会いで最も大切な事です。